私は認知症に向かって猪突猛進中

テレビで、認知症の予防に効果のある食べ物はカレー。と言っていました。

ってことは、私は認知症に向かって猪突猛進中。

そうです。小学生の時、初めて給食でカレーを食べたその日からカレーが嫌い。

中学に行ってからは嫌いな給食は誰かにまわしてしまったため、食べなくなり、高校はお弁当だったので食べず。

気づけば最長10年はカレーなしの生活をしました。

社会人になってそうもいかなくて、お付き合いで食べたこともありますが、新人の頃の話。

食わず嫌いではないので人相悪く食べました。

友人相手に食べることはありませんし、匂いが臭いと文句言って笑われています。

今年は、今のところ食べていません。

母が食べたそうなことを言ったので、カレーパンを買ってきました。

技術者さんってすごい!~世界最速の自転車大会

最近好きな番組「超絶 凄ワザ!」。

この前の、自転車で世界最速を目指す大会が、すごく印象に残っています。

自転車って私もいつも乗っていますが、

まさか、まさか自転車で時速140kmも出せちゃうなんて、思いもしませんでした!

もちろん、特別な自転車ですけどね。

どこの国の技術者さんも運転者さんも、

研究とトレーニングを重ねて出場しています。

もちろん、日本チームも。

でも日本チーム、なんと初出場の上、なかなか本戦で走れなくて、

見ててドキドキハラハラ…でした。

どうなるかと思ったら、ぎりぎりのところで良い記録を出して、見事入賞!

すごい!!

技術者さんの経験と勘と、それにいろいろな判断をして、

その場で自転車を改善していく勇気と決断力に、大拍手でした。

そしてこういう面白い大会をやってるのが、また面白いですね。

世界には、いろんな面白い大会があるんだろうなと思います。

いろいろな大会を見てみたくなりました。

今、ぽっちゃり女子がモテる!?

あぁ・・・『ぽちゃまに』の続きが気になる・・・。

『ぽちゃまに』というのはアラサー女子の私が久しぶりにハマった少女漫画作品で、現在も花とゆめにて連載中。

少女漫画では珍しいぽっちゃり体型の女子高生が主人公の物語で、体型にコンプレックスを抱えている女性に是非お勧めしたい作品です!

コンプレックスに負けず、明るく前向きに生きてる主人公の紬ちゃん可愛い(*´Д`)ハァハァ

そして、その彼氏である田上くん。男前でスタイル抜群なんだけど、ぽっちゃり体型の女性しか愛せない変わった性癖。

だけど紬ちゃんのことはぽっちゃりだからというだけじゃなく、ちゃんと中身も含めて愛してくれています。

そんな2人の初々しくて甘々な恋愛模様がたまりません(n*´ω`*n)

早く続きが読みたいけど、最新刊の発売はまだだいぶ先だろうな・・・。

今日やったことと、やりたいこと

今日は本格的に衣替えをしました。毎年、どの季節でも衣替えのタイミングは悩みます。さすがに寒いので冬物の服を全て出しました。しかし、毎年冬になると問題が起こるのです。それは、冬服がタンスに収まりきらないということです。今年の夏にDIYで押入れをクローゼットにしたので、ワンピースなどはかけることにしました。

頭をつかって冬服をしまい、一件落着と思いきや、洗濯に出していた冬服が私の部屋に運ばれてきました。再び試行錯誤しながら全てをしまい終えた頃には夕方になっていました。

今日はもうひとつやりたいことがあったのです。それは、部屋の模様替えです。こちらも本格的にやろうと思っていました。夕方から始めると深夜までかかってしまうので、明日にしようと決心したところです。がんばります。

中学生活最後の合唱コンクールに行ってきました

息子の最後の合唱コンクール、今回は音楽音痴な息子が指揮をするということでドキドキの合唱コンクールでした。とにかくミスなくと思っていたのですが、なんとかミスなく無難にこなしてくれました。強弱も特になく、本人が指揮棒のように直立不動で指揮する息子を見ながら、彼にはそれが精一杯だったのではないかと思いました。これ以上あまり彼には求めていけない、ミスがないだけで十分だと。しかしその後登場した男子指揮者は誰もかれもとても上手で体で強弱を表したりして、見ているだけで引き込まれる指揮っぷりでした。改めて、いや息子にはそれ以上求めてはいけないと改めて自分に言い聞かせている自分がいました。

最後は来年はどの高校でまた合唱コンクール参加できるのかななんて頭をよぎりました。

刀剣乱舞ーONLINE-でレベル上げをひたすらやってます 

昨日のメンテナンス後から始まったPCプラウザゲーム(データを引き継いで、今年の3月1日からスマホでも遊べるようになりました、刀剣乱舞ーONLINEーのイベント2つを、一生懸命やってます。

前回のイベントから続いているレア太刀や短刀のボスマスドロップイベントは、目的の「太鼓鐘貞宗」が無事にドロップして入手出来ました。40周くらい周回しました。でも早い方だと思います

そして今のイベントが、通常ステージでのもらえる経験値2倍キャンペーンと、ボスマスでレア刀がドロップする確率2倍キャンペーンを10月11日までやっているので、今一番難しいステージ7-3のボスマスドロップする打刀「亀甲貞宗」を探して、たまにウチの一番強いメンバーで挑んでますが、ボスマスでボロボロになり、勝利Cしかもらえません。レア刀のドロップは勝利Aが条件なので、中々こちらは2倍になっていますが難しいところです。一度編成を組み直したが良いのかも知れません。

そしてもう一つのイベントで、主にこちらを今主力でやっているのですが、もらえる経験値が2倍というものです。今までは一応うちの第7軍くらいの刀達を育てていたのですが、「太鼓鐘貞宗」を探している道中、「極み」になった短刀が必要だったため、5本「極み」の短刀を作りました。「極み」の短刀になる条件は、レベルが70以上で、「旅装束」というアイテムが必要になってきます。

私は「旅装束」をもらえるイベントでは全てもらっていたので、5本短刀を「極み」にする事が出来ました。

「極み」になると、一つしか装備できなかった刀装が2つ装備できるようになり、能力値も大太刀と変わらないほどの能力に跳ね上がります。そしてレベルが30まで落とされてしまいます。それからのレベル上げは、経験値が1レベルあげる為には2万と膨大に必要で、普通に戦っていてはそうそう簡単にレベルを上げる事は出来ません。

ですが今は2倍になっているため、今のうちに上げれるだけ上げておこうと思い、第7軍のレベル上げを一旦やめて、「極み」の短刀のレベル上げを必死にしているところです。

40くらいまであげれれば良いんですけど、先は長いです。 

世界の極地に住む日本人と旅人の芸人の差

火曜日の夜に芸人が旅人となって世界の極地(世界各国の村等)に住む日本人を訪ね歩く番組があっていつも楽しく見ています。

先月末にはアフリカの西部にあるガンビアイスラム共和国に住む日本人を訪ねていましたが、旅人となった芸人は日本人が住む村の聞き込みをしている時にガンビア人に罵られたり、気温が40℃まで上昇したため疲労困憊となっていました。

それでも日本人が住む村まで辿り着き日本人に会ってガンビアに来た経緯等を聞いていました。

日本人は「ガンビア人はフレンドリーでいい人達でガンビアが好き」と言っていましたが、芸人はガンビア人に罵られた事もあって「ガンビアは1つもいいことがない」と言っているのをテレビで見て人の感じ方や、受け取り方は本当に人それぞれだなと改めて思いました。

『普通』という言葉は夫婦の中を悪くするかもしれない

楽しい恋人の時間を過ごし、もうこの人しかいない!と燃え上がって結婚してみればあら不思議なことに恋人の時には見えなかった ズレ が見えるようになります。

ちょっとした価値観の違いが態度や行動に現れ、いつの間にかお互いに理解できなくなってすれ違ってしまうかもしれません。そうならないように必要なのが、ズレを感じたその時にコミュニケーションをとることです。

相手がなぜどう考えているのか自分はどう思っているのかをちゃんと話し合うことが大切です。ズレを最小限にとどめます。

その時大切なのは『普通』を持ち出してはいけません。普通はこうなんだからおかしいと相手を責めるとズレをさらに広げるだけになります。

相手だって普通だと思っているはずですから『普通』を持ち出すとややこしくなり話し合いから無用のケンカになりがちです。普通という言葉で相手を責めずにお互いを理解するようにしてください。

あこがれのキャンピングカーを手に入れたのですが。

自動車ローンの基礎知識と仕組みを理解しよう
http://www.shutyamouth.com/kisotisiki.html

30歳代の中頃、憧れていたキャンピングカーを手にする事が出来ました。日産キャラバンロングボディタイプを購入し、キャンピング仕様に改造してもらったのです。キャンピングカーに乗る事は、結婚してからずっと夢見ていたのですが、住んでいた田舎では中々手にする事が出来ずにいました。

それが思いがけずに大阪に転勤する事になり、以前カー雑誌の記事に、大阪の自動車修理工場でキャンピングカーに改造してくれる場所が載っていたのを思い出し、チャンス到来となりました。

大阪に引越し後の休日、直ちにその工場を訪れると何とあこがれのキャンピングカーが十数台置いてありました。売り物の他、お客さんから依頼された改造車が何台かあって、まるで夢を見ているようでした。工場の方に事情をお話したら、ベースとなる車があれば50万円程度から改造が可能ですと言われました。

早速中古車店で日産キャラバンを購入し、工場に持ち込みました。予算は改造費用100万円、ベース車の価格が50万円でしたから総額150万円の大金をつぎ込むことになる訳です。

入念に打ち合わせをし、わくわくしながら納車日を待ちました。3週間後の休日の納品日、はやる気持ちを抑えて工場へ行くと、目の前にブルーに塗装されたキャンピングカーが置いてありました。中はブルーで統一されたソファー(ベッドに変わります)、木目調の簡易シンク、収納棚、ソファーはベッドにすれば4人まで寝る事が出来るものです。

これが自分のキャンピングカーだ、家に戻って家族に披露すると、皆中に入って大はしゃぎです。

その後この車は、休日の度に家族で利用し大活躍、車検を3回ほど取り6年間乗りました。しかし、子供が大きくなるにつれ、段々と一緒に出かける機会が少なくなり、やがて私の夢ははかなく終わりを迎えたのでした。